DTMソロ活雑記

Aviciiの新アルバム収録曲「Heaven」で泣いた話。

Avicii、とても好きでした。

EDMの中でも、特にメロディアスでコード感も日本人好みに合うテイスト。

年齢は僕の1つ下なのですが、世界的に活躍している姿にいつも刺激を受けていました。

そんな中、突然の訃報。

2018年の4月でした。

ネット上でたちまち拡散される衝撃のニュース。

あれから1年以上が経ち、

もう新しい音源を聴くことは、できないだろうと思っていました。

そんな中、僕にとって突然の今回のニューアルバムの発表&配信。

とても嬉しかったです。

もう一度、Aviciiの感覚で作った曲が聴きたいと思っていました。

僕はSpotifyで聴き始めましたが、

タイトルでやられました。

「Heaven」

イントロを聴いて、涙が流れました。

その楽曲があまりにも「天国」のイメージにふさわしく、

Aviciiの苦悩が描かれているような曲でした。

僕は新しい音楽クリエイター兼プロデューサー兼ミュージシャンの形を見た気がしました。

従来の多くは、自身の想いや心情は、自分で書いて自分で歌い、伝える。

でしたが、今はもう、自分は楽曲をクリエイトして、歌はボーカリストに任せて、楽曲という本質で自分の意思を伝える、表現する。実際に十分に人の心を打っています。

Aviciiの作品はこれからもずっとずっと残り、

世界中の人に愛され続けると思いました。

そこにはそれだけの理由、楽曲の魅力があるからです。

まだ聴いていない方は、聴いてみてください。


Avicii - Heaven (Lyric Video)