DTMソロ活雑記

仕事とDTMを両立する方法

f:id:chame1988:20190706182435j:plain

今回は、アマチュアミュージシャン(僕を含む)が、本業とDTMを両立する方法について、考えてみました。

あるある①:帰宅後は疲れてぐったり

仕事って本当に疲れます。

疲れて帰宅後は
「もう今からDTMとか、ちょっと無理、、」
という方、毎日お疲れ様です。

対処法
①疲れたときはやらない!作戦
→仕事中はまだ体力が残ってるので「帰ったらやろう」となるかもしれませんが、帰宅後はもう疲れ果てている。そんな感じであれば、「休みの日」とか「帰宅後でもやる気があるとき」とある程度決めてしまえばいいかもしれません。毎日やろうと思ってしまうと負担になってしまいます。

②帰宅後はとにかく休んだりリフレッシュして早寝し、翌日1時間早く起きてDTMやる作戦
→そのままです。コツは早起きしすぎないこと。1時間以上は集中力が切れたりダラダラしてしまう原因になります。

③帰宅後すぐにDAWを立ち上げる作戦
→帰宅したら、冷蔵庫も開けず、トイレも行かず、水も飲まず、そのままの足でパソコンの前まで行き、DAWを立ち上げてすぐに制作作業に入る。これは昔、塾の先生が言っていた方法で意外と有効です。(帰宅後すぐに勉強机に座って、今日のことを復習しなさいという内容でした)
人はやり始めたらやる気が出るものです。やるまでが面倒なんです。DAWを立ち上げるまでの様々な誘惑を断ち切るのに最初は苦労しますが、ぜひやってみてください。

あるある②:時間はあるけどやる気が出ないパターン

忙しい人がいる一方で、そこまででもないという場合もあります。
例えば18時には帰宅して、寝るのは24時。
時間はたっぷりあるけど、ありすぎてうまく使えないパターンです。

対処法
①帰宅後すぐにDAWを立ち上げる作戦
先ほど紹介したパターンと同じです。「帰宅後すぐ」はDTMの時間とします。

DTMを「仕事の延長」と考える方法がおすすめ。

例えば、18時に帰宅後は、19時半までは第2の仕事(DTM)の時間。
19時半を本当の仕事終了時間として、それからご飯を食べたりお風呂に入ったりする。という方法。

②家じゃない場所で制作する作戦
時間があるので、外出先でDTMするのも手です。
コワーキングスペース、ネットカフェ、喫茶店、カラオケ、あなたの周りでベストな環境がきっとあるはずです。
ノートパソコンを持ち込むもよし、あえてパソコンは使わずに作曲のイメージを考えるのもありだと思います。

おわりに

やる気要素も大きいです。

やる気ついてはこちらもヒントにしてみてくださいね。

DTM作曲で必ずやる気が出る4つの方法