DTMソロ活雑記

DJで使うべきはWAV、MP3?実はAIFFが最強だった理由

f:id:chame1988:20190706185809j:plain

DJ経験者が一度は通る悩みが「ファイルフォーマットはどれが良いのか問題」ではないでしょうか。

僕自身もモヤモヤしていたため思いきり調べてみました。

違いを簡単に

WAV
マイクロソフトIBMにより開発された音声ファイルフォーマット
・非圧縮

AIFF
・アップルにより開発された音声ファイルフォーマット
・非圧縮

MP3
・圧縮された音声ファイルフォーマット
・本記事では最高音質である320kbpsを前提

WAVとAIFFの中身は一緒です。入れ物が違うだけ。
MP3は、高度な圧縮技術によりWAV、AIFFのファイルサイズを概ね1/4まで圧縮してくれます。

なぜこの3形式を比較するのか

この3つはDJ機材や音楽機材において、最も普及・対応しているフォーマットであるからです。
圧縮や音質に優れた良いフォーマットは他にも存在しますが、機材が対応していなければ意味がないのです。

結論

DJプレイにおける音声ファイルフォーマットは、MP3(320kbps)で問題ない
ただし、可能ならWAVかAIFFが良い。最強なのは曲情報も入るAIFF

その理由ですが、Web上には数々の比較記事があり、MP3(320kbps)とWAV、AIFFはクラブで聴き比べても判断は難しいとのことです。

最終的に僕が納得したのは、m-flo ☆Taku Takahashi氏のこの記事でした。

「DJ用の楽曲データは今MP3で320Kbpsあれば十分な音質と言われていますけど、やっぱり16bit/44.1KHzや24bit/48KHzの非圧縮音源だと高音が綺麗になるせいか、クラブで重要になる低音の感じ方も変わってくるんですよね。」

名刺よりも小さなSSD「T5」。m-floの☆Taku Takahashiが満足した「速さ」と「軽さ」 | ギズモード・ジャパン

なるほど。MP3で十分な音質だけど、より良いのはWAV、AIFF

ただしWAVとAIFFに決定的な違いがあることにより、一気に勝負がついてしまいます。

それは、AIFFはタグ情報(楽曲情報やジャケット画像など)が記録できるのに対し、WAVはできないという点にあります。

曲やジャケット情報がファイルに含まれた方が良いですよね。

整理すると次の表のようになります。

  音質 ファイルサイズ 曲情報
MP3(320kbps)
AIFF
WAV ×

 

最後の決め手は、特に音質に拘りがある浅倉大介氏がAIFF押しであることです。

過去にCCCDというコピーガードCD規格が出たときに、音質面を疑問視したのは浅倉大介奥田民生後藤正文の3人だけだったそうです。

参考: MP3 vs AIFF

ここはどちらでも良い領域になっているのですが、あえて比較してみます。

容量と音質のどちらを重視するかということになります。

例えば、AIFFで1曲50MB、16GBのUSBメモリを使うと320曲入ります。

MP3で仮にサイズ1/4とすると、12.5MBとなり、1,280曲入ります。

・常に大量の曲をストックするならMP3

・厳選気味で最高の品質に拘るならAIFF

ということになりそうですが、最近はUSBメモリも安いですし、DJは曲数が入る=良いということではないと思いますので、頂上決戦はAIFFに勝負ありでしょうか。

参考
・32GB→AIFF: 640曲 / MP3: 2,560曲
・64GB→AIFF: 1,280曲 / MP3: 5,120曲
・128GB→AIFF: 2,560曲 / MP3: 10,240曲

最後に

Webで色々な記事を読み、また賛否両論あったりと、落とし所を見つけるのに苦労しましたが、DJにおいてWAV、AIFF、MP3(320kbps)のどれを選んでも間違いありません。

すでに作り上げたプレイリストがあると思いますので、今後整理する機会のご参考になればと思います。

また、MP3は圧縮ソフトでも音質の違いがあるようなのですが、この領域まで来るとなかなか専門的で辛いものがあります。

圧縮ソフトの差を気にしなくて良い、音が最強、タグ情報も入る、やはり順位付けするならAIFFが最強のようです。