DTMソロ活雑記

Frekul、BIG UP!、TuneCore Japan全部使ってみた!おすすめのストリーミング配信サイト

※金額やサービス内容は変わる場合がありますので、正しい最新情報は公式サイトからご確認願います。(内容は2022.2.20現在です)

無料と有料、どっちが良いのか

大まかに
・無料サービスは、売上から手数料が取られる
・有料サービスは、売上100%バックだが配信料がかかる(シングル1500円/年、アルバム5000円年程度)

使い分けとしては、何回再生されそうかだったり、また、カラオケ配信など独自のサービスもあるので目的や用途により使い分けることです。

おすすめの配信サービス

無料サービス

・Frekul(フリクル)   https://frekul.com
・BIG UP!フリープラン https://big-up.style

有料サービス

・TuneCore Japan https://www.tunecore.co.jp
・BIG UP!ベーシックプラン https://big-up.style

各配信サービスの特徴

各サービスともSpotifyApple Musicなど、一般的なストリーミングサービスに配信できますが、細かい面で特徴があります。以下に、個人的に感じた良い点とイマイチな点を記載します。

Frekul(無料)

良い点
・有料だが安価でカラオケ配信が可能(JOYSOUNDに限る)
・無料で半永久的に配信し続けられる

 

イマイチな点
・配信までの日数が最大50日かかる
・配信日時の指定ができないため、SNS事前告知によるアナウンスが難しい

 

所感
JOYSOUNDのみだが、カラオケ配信したいならFrekul一択。アーティスト活動のスピード感よりも、長期的な活動全体のことを求めるならおすすめ

 

BIG UP!(無料プランの場合)

良い点
・楽曲再生結果の解析レポートが有料のTuneCore Japan並みにわかりやすい
・配信日時の指定が可能なため、SNSによる告知がしやすい
・無料で半永久的に配信し続けられる

 

イマイチな点
配信先にShazamがない →配信先としては記載ありませんが、Shazamで曲は検知されます。(Spotify等との連携と思われる)

 

所感
私は無料プランしか使ってませんが、解析レポートがわかりやすく、配信日時の設定も可能でトータルバランスが優れています。カラオケ配信がしたいならFrekru一択ですが、そうでないならBIG UP!がおすすめ

 

TuneCore Japan(有料)

良い点
・有料サービスだけあり配信先、楽曲再生の解析等が高機能
・オーディションなどのイベントが充実
・配信料金はかかるが収入100%還元の恩恵は大きく意外とすぐペイできるかも

イマイチな点
・年間料金を払わないと配信終了してしまう
(→1年配信した後、無料サービスに移行する手もあり)

 

所感

すでに一定数以上のファンがいるなど、がっちりアーティスト活動するならTuneCore Japan一択。配信料金を払ってでも収入100%還元というのは非常に大きいです。ただ、再生数がそこまで見込まれない段階ではFrekruやBIG UP!がおすすめ

 

参考①:配信料を回収するには

配信サイトによって1再生あたりの額は違います。
なので、正確な計算はできないですが、ざっくりと今回はサブスク1再生を0.5円と仮定します。(参考:音楽サブスクの再生単価はどう決まるのか?|くしりん|note)

アルバムは、配信料金が年間約5,000円のため、約1万回の再生が目安となりそうです。
→0.5円×1万回=5,000円
アルバム10曲だとすれば、1年間で100人がアルバム全曲を10回聴くことで達成できます。

シングルは、配信料金が年間約1,500円のため、3,000回再生が目安となりそうです。
→0.5円×3,000回=1,500円
シングル1曲として、1年間で300人が10回聴くことで達成できます。

参考②:配信は絶対にやるべき

オリジナル曲があれば、誰でも無料でAppleMusic、Spotify、LINE MUSIC等から配信可能です。

海外に遅れを取りながらも、日本でも確実にストリーミングは浸透し続けています。

昔は、CDショップに流通しないと聴いてもらうことができなかった音楽が、今は配信サービスに登録することで世界中の人に聴いてもらうことができます。

CDショップに置いていないと、売れないし聴かれもしないように、ストリーミングサービスには誰でも無料で登録できますので、登録しない理由がないのです。

まとめ

Frekul(無料)
・カラオケ配信したい
・配信まで1か月以上掛かっても良い

BIG UP!(無料プランの場合)
・楽曲がどのサイトで何回再生されたか分析したい
・配信日を指定したい(SNSで告知しやすい)

TuneCore Japan
・本格的にやるならTuneCore Japan一択
・オーディション、楽曲の解析など機能充実
・配信料金を払い続けることができる(ざっくり1年間でアルバム1万回、シングル3,000回再生以上が見込めれば配信料の回収が可能)

使い分け作戦もあり
例えば、メインで力を入れるアルバムはTuneCore Japanで配信し、カラオケ配信したい曲はFrekul、配信料金は払えないけど配信曲の分析をしっかり行いたいからBIG UP!を使う、など用途別にサービスを使い分ける方法もあります。基本的に、どのサービスからでも同じアーティストページに曲が追加されていきます。