DTMソロ活雑記

キャンプはしない方向け、ライジングサンロックフェスティバル2019の持ち物まとめ【日帰り、ホテル泊】

f:id:chame1988:20190715151855j:plain

 

今年も開催まで僅かとなりましたライジングサンロックフェスティバル2019!

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO
2019年8月16日(金)10:00開場/15:00開演 ※23:00終演

2019年8月17日(日)10:00開場/15:00開演 ※翌日5:00終演

会場:石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ(北海道石狩市新港中央1丁目)

今回は、キャンプはしないけど参加するよ!という、日帰り、ホテル泊の方向けの準備や持ち物のまとめをお伝えします!

持ち物は天気次第!

1時間予報を常にチェックすること
北海道石狩市の気候は、日中は真夏並みでも、夜は寒くなりダウンが必要な場合もあります。

天候の変化に備えるため、下記の1時間予報を携帯に登録して常にチェックしましょう。

tenki.jp

持ち物 (必須)

・チケット
→意識しないと忘れます。

ETCカード、航空券など、現地に到着までに必要なもの

→道中の準備も忘れずに。
・現金
→落とす危険が常にありますので、財布じゃない方が良いかもしれません。透明な小さいビニール袋に入れるのもありです。
・モバイルバッテリー
→丸1日外にいると結構消耗します。
・タオル
→汗をかいたとき、突然の雨にも対応できます。
・歩きやすいスニーカー
→会場は広いのでめちゃくちゃ歩きます。
・ショルダーバッグ
→会場内うろつき、ライブを観るとき用
・リュック
→着替えなどの荷物用
・帽子
→日差しから守ってくれるのはもちろん、雨のときには大活躍します。フェスでよく見るハットタイプがオススメですが、雨予報がなさそうであればキャップ系でも十分です。
・ポケットティッシュ
→できれば水に溶けるタイプだと万能
・虫除けスプレー
→ハッカスプレーがコンパクトでオススメ
・日焼け止め
→天気によっては火傷レベルに日焼けします。紫外線はシミのもと!
・着替え
→宿泊分はもちろん、他に予備を1セット分必ず用意しましょう。汗とか雨でずぶ濡れとかよくありますので。
・メガネ、コンタクト類
→コンタクトの方は、洗浄液や予備も忘れずに!ワンデータイプが最強です。
・汗拭きシート
→荷物になるので少量タイプがオススメ
・ウェットテッシュ
→食事はもちろん、トイレ混雑時にも使えます。
・ウルトラライトダウン(ユニクロ
→夜は10度前後になる年もあります。ガチ必須。
・ポケッタブルパーカー(ユニクロ
→着ないときはコンパクトに収まるので非常に優秀。何か1枚羽織りたいときにベスト。多少の雨も守ってくれます。

持ち物 (あると便利系)

・防水の腕時計
G-SHOCKとか。やっぱり腕時計は便利です。
・LEDライト
→夜は暗いところがあるので、小さいタイプがあると便利。携帯でも良いですが。
・ゴミ袋
→数枚あると何かと便利。濡れたものを入れたり、そもそも濡れるのを防いだり。シート代わりにもなります。
・胃薬、絆創膏
→フェス飯は普段食べない物を食べ、お酒を飲み、暴れ、、結構過酷です。トイレも簡易トイレなのでお腹を壊すと辛いです。かさばるものではないので、用意しておくと安心です。
・サングラス
→ファッション性もありますが、日差しが強いときはあって良かったと思います。

持ち物(天候次第)

・レインウェア
→小雨くらいだとポンチョでも良いですが、ガチ雨のときは上下タイプがおすすめ。雨が最悪になるか、全然気にならないか、ここでフェスの満足感が大きく左右されます。大手アウトドアブランドが理想ですが、機能とコスパ最強のおすすめはコレです。https://amzn.to/2jV0n2U

・レインブーツ
→長靴。できるだけ歩きやすいものを。たためるタイプが便利ですね。これがないと靴下がとんでもないことになります。
・貼るカイロ
→夜はもちろん日中でも雨だと肌寒いときがあります。お腹に貼って凌ぎましょう。

持ち物(個人的おすすめ)

・キューピーコーワゴールド
→どこのコンビニにもだいたい売っています。2錠だけ入っているやつです。これ僕にはめっちゃ効くんです。飲むと翌日疲れが全然残りません。(個人差あり)
・速乾性Tシャツ
→汗も雨も、最短で乾いてくれる最強です。オシャレ感を追求する方には分かりませんが、機能性重視であれば。個人的には、速乾性Tシャツとポケッタブルパーカーの組み合わせが、汗も雨も気温も対応できて荷物も少ないベストだと感じます。

以上です。

できるだけ簡単にまとめたかったのですが、大量になってしまいました。
キャンプをしない日帰りや、ホテル泊でもこれだけ必要です。
それだけフェス参加は大イベントですので、どんな状況でも楽しめるように準備万端で臨んで最高の思い出を作ってくださいね。