DTMソロ活雑記

細美さんがベロベロでめっちゃ良い話してた件【ELLEGARDEN、the HIATUS、MONOEYES】

f:id:chame1988:20190724200708j:plain

the HIATUS、6thアルバム『Our Secret Spot』発売記念、打ち上げ生配信

と題された2019年7月23日のYouTubeの生配信動画で、細美さんが酔っ払いながらとても良い話をしていたので、忘れないように自分の備忘録用に残しておきます。

「(メジャーレーベル担当者に)アルバム制作に結構良いお金出して貰ってるけど、俺らみたいなCDの枚数が売れないバンドって、メジャー的にどう思ってるのか聞きたい。」

利益を追求するのが普通の企業なので、数字的に売れるほど良い。だけど俺らはそこまで売れないから。という意味でした。担当の方は、言葉に詰まりながらも、携わっていてアドレリンが出る。いい音楽だから。のような内容を言っていましたが、メジャーの会社としての立場があるのか分かりませんが、ハッキリ明言はしませんでした。

僕の意見で申し訳ないですが、メジャーは百貨店と同じで、「売れる商品」から「拘りの一品」まで揃えてる会社だと思います。でも、利益を追求して「売れる商品」だけに絞れば、それは百貨店としての価値が下がると思います。拘りの一品まであるから百貨店として価値がある。そしてトータルで利益を得てやっていく。それがメジャーレーベルなのではないでしょうか。
しかも、俺らは売れないから、って言ってますけど、十分売れてます。昔のCD全盛期と比べると時代は変わっていますので、単純に枚数では比較ができない時代です。

「普段SNSはやらないけど、こういうSNSで素が出て、嫌われるなら、嫌われた方が話が早い」

この日は選挙の話から下ネタまで、良い感じに酔っ払っていましたが、そういう姿を見て僕はますます好きになりました。
なんというか、SNSやネット上では「架空の自分」「理想の自分」って作ろうと思えば作れると思うんですが、それは作っている自分であって、仮にそこにファンが出来ても「作っている自分」を好きになっているので、たぶんそれを続けることはいつか疲れちゃうと思うんです。ましてや、ネット上を離れてリアルで接する(ライブなど)となれば偽りはいつか崩れる、のではないでしょうか。

「1つ忘れられない言葉あって、『たけちゃん、この世はビビったら負けやぞ!』って言ってくれた言葉がずっと残ってる、その言葉があったから戦っていれる。」

ドラムのマサさんが細美さんに言った言葉らしいですが、めちゃくちゃ良いですね。本当にビビった時点で負けって思う場面や事ってありますよね。ビビったら負け。ビビらんぞ。自信持って胸張っていこう。そう思える言葉でした。

細美さん、現在46歳ですが、ずっと変わらず音楽が大好きな良い兄ちゃん、のイメージそのままで、本当にカッコいいです。
音楽も人間性も非常に魅力があるので、ファンがずっと離れないのでしょうね。

細美さんの良い言葉は他にもたくさんあります。

残念ながら僕は昨日の生配信を途中から見たのですが、それでも3つ、このような心打たれる内容がありました。

録画していた訳ではないので、言い回しが違っていたらすみません。でもニュアンスは合っているはずです。

今回、ハイエイタスのアルバムが完成したので、次はMONOEYESのアルバムを作ると言っていました。その後、やる気になればELLEGARDENを、わからないけど、ELLEGARDENの新譜を考えるならそのタイミングと言っていたので、エルレファンの方は、実際どうなるか分かりませんが、お楽しみに。