DTMソロ活雑記

ギターで作曲!初心者でも良い曲が簡単に作れる3ステップ

ギターで作曲したいけど、上手くできないと悩んでいませんか?

作曲にはコツがあり、確実にイメージ通りの曲を作る方法があります。

この方法を知ることで、あなたは何十曲、何百曲と作曲、しかも「良い曲」を作ることができます。

この記事では、初心者でも簡単に良い曲が作れる3ステップを紹介します。

STEP1:参考曲を決めてコード進行を調べる

まずは「作りたいイメージの曲」を決めてください。

なぜなら、曲は無数に存在し、かつ、「違い」や「個性」があります。
そのため、作りたいターゲットとなる曲を絞る必要があります。

例として、ここではTHE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)の「終わらない歌」のような曲を作りたいとします。

次に、コードを調べるため、例えばGoogle検索で
ブルーハーツ 終わらない歌 コード」
と検索します。

色々なコードサイトが出てきますが、内容は同じなので1番見やすいと思ったサイトで良いです。

このように、まずは作りたいイメージの曲を明確にし、コード進行まで把握してください。

STEP2:コードを弾きながらメロディを付ける

作曲は基本的に「サビ」から作ります。

理由としては、1番曲の中で重要であり主役だからです。
サビの良し悪しは、そのまま曲の良し悪しに直結します。

それでは実践していきます。

先ほどの「終わらない歌」のサビのコードは
A D E A
の繰り返しでした。

なので
A D E A
を弾きながら、めちゃくちゃ語原曲と全く違うメロディを歌ってみましょう。

コツは、テンポを極端に遅くしたり、速くしたりしてみることです。

ただのパクリじゃないの?盗作になるのでは?
と思う方がいるかもしれません。

確かにメロディをそのまま引用すれば盗作の対象となります。

ただ、この方法は、原曲メロディを知っているために、あえて違うメロディでアプローチしますので、曲の雰囲気はそのまま使える上に、パクリや盗作になりません。
コード進行は盗作の対象となりませんので、そのまま引用して問題ありません。

(それでは、ここで読むのをストップし、ぜひやってみてください)

・・・

どうでしょうか?
意外と直感で、できてしまうと思います。

すぐにスマホなどに録音してください。

ファーストインプレッションが大事です。
疲れたり飽きたりする前に、さっと録音し、切り上げます。

まずはサビだけで大丈夫です。
何パターンでも良いです。

以上でサビができたので、
次はAメロ、曲によりBメロなどを
同じ方法で作っていってください。

STEP3:歌詞を付ける

最後に歌詞を付けます。

録音したものは、めちゃくちゃ語だったと思いますので、
乗せたい歌詞を考えて、当てはめていきます。

作曲にフォーカスしているので歌詞の書き方は割愛します。
また、歌詞は後から変えることができます。今は仮歌詞でも良いので、まずは1曲を完成させることをオススメします。

応用編

セクションごとに参考曲を変える方法もオススメです。

サビ→「終わらない歌」
Aメロ→「リンダリンダ

また、全く違うアーティストでも良いです。

参考元が多いほど「◯◯曲っぽい感」が薄まり、オリジナル度が高まります。

まとめ

今回は、初心者でも簡単に良い曲が作れる3ステップを紹介してきました。
まとめると次の通りです。

①参考曲を決めてコード進行を調べる
②コードを弾きながら、めちゃくちゃ語で原曲とは違うメロディを付ける
③歌詞を付ける

これにより、あなたは、イメージ通りの曲を
何十曲、何百曲と楽曲を作ることができます。