DTMソロ活雑記

CDが売れない配信全盛期に、それでもCDが欲しい理由

f:id:chame1988:20190706193437j:plain

久しぶりにCDを買ったのですが、配信全盛期でデータありきの時代。

それは分かります、が、

やっぱりCDって良いなぁ。

と、思いましたので、今回はなぜCDが良いのか、考えてみました。

ジャケットが物として存在する

CDジャケットが見える、というか存在する、少し表現が難しいですが、

ちょっとした絵画、写真立てがある、そんなイメージでしょうか。

好きなジャケットが、PCやスマホを起動し、音楽アプリを開き、、といった自発的な行動なしに、そこに実物として存在してくれる。
これがとても良いですよね。買った感もあります。

曲データが消える心配がない

PCやスマホに入っている曲データはいつ消えるか分かりません。

いや、再ダウンロードすればいいし、ストリーミングならデータ所有の必要ないよね?

分かります。

でも、それでは精神的に不安定なんです。

・買ったデータ消える → 再ダウンロード → 面倒

・ストリーミング → 電波ありき →  Wi-Fiがなかったり、電波悪いところでは聴けないかも

・CD → なくしたり壊さない限り心配なし

精神的に安定しているのは圧倒的にCDです。

CDは最上級のグッズ?

好きなアーティストのグッズは欲しいですよね。

僕はタオルが好きなので、よく買ったりしますが、

仮にCDがグッズだとすれば、グッズ界では最上級の物です。

アーティストの真髄である音源が入っているのですから当然です。

好きな物は所有したい。

中でもCDはその感覚を満たしてくれる最上級の物なのです。

歌詞カード

ブックレットとも言いますが、歌詞が書いてあるアレです。

今の時代、検索ですぐに見れますが、面倒な行程というものは1つでもない方がいいのです。

アーティストの意向で歌詞カードが入っていないものもありますが、僕はそのとき結構残念だったりします。。

CD再生機器がない問題

だんだんCDを再生する機器が少なくなってきています。

PCは外付けドライブが必要、スマホは当然ドライブなし。

ただ、僕は地方住みですので車が必須であり、CDは車で聴く機会が1番多いです。
音楽も作りますのでPCにCDドライブも付けていますが、普通の方であれば外付けCDドライブはわざわざお金を出してまで必要ないかもしれません。

個人的には、「CD」は入ってなくても良いので、

ジャケット開けたら「QRコードとシリアルナンバー」とかでも良いです。

僕が欲しいのは実在するジャケットと、歌詞カードなので。

USBメモリやSDカードでも良いですが、コストがかかりそうです。

コンビニでiTunesカードを買ったら、バーコードしかありませんが、

あれのCD版(もはやCDじゃないですが)のイメージです。

そしてCDという物を製造しなくて良い分、アルバム1500円とか低価格に、なんてどうでしょうか。

実際は、流通の仕組みや権利の問題が対応できなさそうですが、

いつかはそうなったら良いな、という話でした。

メジャーでなく、チューンコアなどで個人で配信している人なら可能ですね。

ただ、価格設定については知識不足ですので、いつか勉強してみたいと思います。

最後に

やっぱり大好きな物はそばに置いておきたい!

以上です。