DTMソロ活雑記

バンド活動が続かない真の原因とは

メンバーに恵まれ、バンド活動をされている方は幸せだと思います。なぜなら、世の中にはメンバーが揃わずにバンドがやりたくてもできない人が圧倒的に多いからです。プロではない場合は特に。

他に収入源が必要なので、そちらがメインになってしまいます。どうしても。そんな中で揃ったメンバーです。
しかし、バンドというものは音楽好きの集まり。趣味嗜好が一致せず、お互いに面白いと思えなくなり活動ができなくなる場合も多いです。そうすると、徐々にバンド活動を長く続けるにはどうすれば良いのかと思うようになります。


たくさんのバンドを見てきて思うのはやはり、確固たるメインのメンバーが1人必要だということ。

ミスチルの桜井さん、サザンの桑田さん、X JAPANYOSHIKIUVERworldTAKUYA∞10-FEETのTAKUMA、ELLEGARDENの細美さん、TM NETWORK小室哲哉さん、、主にソングライターです。そのバンドの核となる人。この人が優れていることです。

カリスマ性も大事ですが、とにかくソングライティング能力です。
楽曲はバンドの命であり、イコール、バンドの力です。

 

そのバンドの主人公が、優れた曲を書くこと。この場合、メンバーが脱退しても、またすぐに新たなメンバーが見つかります。

メンバーが集まらない。こういう状況のバンドは、大抵、主人公の能力が足りていません。厳しいことを言いますが事実です。

 

偉そうに言いますが、残念ながら大学の頃の僕がそうだったからです。

僕はバンドをやっていましたが、メンバー集めに苦労していました。僕はギターボーカルでしたが、ギターも歌も下手でした。演奏技術も歌唱力も、とても人前に立てるレベルではありませんでした。

だから何とか集まった軽音サークルというツテから得たメンバーも去っていきましたし、バンドは解散となりました。今その頃の音源を聴いても本当にひどいです。よくこれで自信満々だったなと、若い頃の勢いというのは恐ろしいなと思うほどです。
今となっては良い思い出となってはいますが、、

最後にまとめます。

バンドを長く続けたいのであれば、

・ソングライティング能力を高めること
・表現力(演奏技術やパフォーマンス力)を高めること